乳児

デリケートな肌である赤ちゃんの服を洗濯する時の注意点

新生児にも必要なアイテム

チャイルドシートは、生まれたての小さな赤ちゃんでも、着用しなければなりません。かわいそうという方も多いですが、法律でも義務付けられていますので、守りましょう。チャイルドシートの種類は豊富です。回転式のタイプは、人気があります。

ベビー服の洗い方

婦人

始めは慎重に

生まれたばかりの赤ちゃんは、肌がとても弱くて、皮膚も半分以下の薄さと言われています。そのため、ちょっとした外部の刺激を受けるだけで、肌が赤くなったり、炎症を起こしやすい状態になっています。そのため、赤ちゃんが着る衣服などについても、素材や洗濯の仕方などに気をつける必要があります。まず赤ちゃんの服の素材についてですが、基本的には綿100パーセントのものを使用すると良いです。また最近では、農薬を使っていないオーガニックコットンという綿を使用したものもあり、さらに肌に優しい仕様になっています。また洗濯についてですが、肌が弱い生後3ヶ月くらいまでは大人の衣服とは別に洗濯をすると良いです。特にミルク汚れやうんちの汚れもよく付くので、洗濯する前に軽くすすいでから洗濯機に入れると良いです。

専用洗剤の使用

大人の衣服と一緒に洗濯できるのは、いつからという決まりはなく、生後3ヶ月くらいからと述べたのはあくまで目安です。大人としては、一緒に衣服を洗えるようになると何度も洗濯する手間が省けます。新生児期を過ぎて、始めは1〜2枚の肌着程度から一緒に洗濯してみて、問題がなければ、徐々に大人のものと洗う頻度を増やしていくと良いです。また最近は、赤ちゃんの衣服に優しい洗剤も販売されています。石油系の裁判が少なく、肌への刺激が小さい性質を持った洗剤もあります。そのため、大人と一緒に洗いたいけど、なんとなくまだ心配だと思う人は、洗剤自体を変えてみるのも1つの方法です。なお柔軟剤に関しても、最近は香りの強いものもありますので、できるだけ優しい香りのものを選ぶと良いです。

家事や買い物が楽になる

抱っこ紐があると、家事や買い物などがしやすくなります。最近では、さまざまなタイプの抱っこ紐が発売されています。デザインや色も豊富ですから、ファッションにあわせて購入する方も多いです。口コミなども参考になります。

乳離れをした頃から

赤ちゃんを育てていると、必ず乳離れをしてお水を与えたほうがいい時期になります。このとき、安全性を考えるなら、赤ちゃん専用のお水を用いるのが適当です。また、購入方法は主にふたつあり、ひとつ目が店頭まで自分で買いに行くかたちで、二つ目がインターネット通販です。

おすすめ関連リンク

  • 赤ちゃん安心お洗濯ガイド

    赤ちゃんに低刺激な洗濯洗剤選びをしているならコチラを要check。良い匂いですし、お肌にも優しいのです!