仮想通貨の危険性を提示する

停止と規制の違いを知ろう

危険性をしっかり伝えよう

仮想通貨を使って取引を進めると、失敗する危険性があることを広告にきちんと書いてください。
たくさんの利益を得られるというような内容の広告では、規制に引っかかってしまいます。
また嘘の情報を書くことは、絶対にしないでください。
嘘の情報を信じて、仮想通貨の取引を始める人がいたら大変です。
正直に書いてください。

ですが危険だということばかりを書いていると、取引をしようと思う人がいなくなってしまいます。
正しい方法で取引を進めれば、利益を得られるということも書いてください。
利益を得られことを誇大に書かなければ、SNSに掲載できるでしょう。
規制されているSNSに広告を出す際は、何を書けば良いのかよく考えましょう。

信頼できる取引所だと言う

どこの取引所の広告なのか、分かりやすく書いてください。
小さな文字で書いてあると、怪しいと感じる人が見られます。
興味を持ってくれたのに、取引所の名前が小さく書かれていたことが原因で、利用してもらえなかったらもったいないです。
大きな文字で書いてください。
すると安心感があります。
SNSでも、取引所の名前を分かるように掲載するという決まりになっていると思います。

これまでは自由に広告を書けましたが、今は厳しい決まりを守らなければいけません。
広告を作ることに対して、影響が出ています。
少しでも決まりを破っていたら、作り直しになります。
すると余計な時間が掛かってしまうので、作業効率が低下する原因になるでしょう。